マンション

資産価値を維持していくために必要なマンション工事

工事用の足場

マンションの資産価値を維持していくためには、一定の期間ごとに修繕工事を行うことが必要です。一般的に鉄筋コンクリート建てのマンションは、丈夫で耐久性・耐震性に優れていますが、だからといって修繕工事を怠ると、大切な資産にダメージが生じてしまいます。たとえばタイル張りの外壁の場合、雨風や湿度・温度による自然消耗により、タイル浮きやひび割れが生じることがあり、初期の段階で適切な修繕工事を行うことにより、ダメージが広がることを防げます。またエレベーターやエントランスホール、廊下など、人の出入りが激しい部分に関しては、構造的な修繕や補修は不必要でも経年による劣化は免れません。一般的にはマンションの大規模補修の周期は12年といわれますが、これはあくまでも目安であり、小規模な修繕・補修や点検に関しては、もっと短いスバンで行うことが望ましいといえるでしょう。マンションの修繕工事について、その時期や修繕箇所・方法、予算などについて詳しく知りたい方は、修繕工事のプロである専門業者へ依頼することをおすすめします。専門業者に依頼すれば、現状を見極め、検査や点検作業を行うことにより、どのような方法で修繕工事を行うべきかをアドバイスしてくれます。マンションの現状が気になる方も、次回の修繕工事の予定を立てたい方も、まずは専門業者に相談しましょう。

TOP