マンション

資産価値を維持するマンション工事のメリット

作業員

分譲マンションを購入すると管理組合への加入が求められ、大規模修繕工事に向けた積立金を毎月払わなければならなくなるのが一般的です。マンションの大規模修繕工事は十数年に1回程度の頻度で行われるのが普通で、その際には高額の費用発生が避けられません。少しでも負担を軽くするための積立金ですが、高額の費用がかかる修繕工事には以下のようなメリットがあります。
修繕工事を実施することで建物の安全性と居住性が向上するという点に加え、見逃せないのがマンションの資産価値を維持できるというメリットです。マンションの資産価値は安全性や居住性とも密接に関わっており、安全かつ快適に住み続けられるからこそ資産価値も維持されるのだと言えます。修繕工事を行わないでいるとマンションの外壁が経年劣化して建物が傷みやすくなり、屋上やバルコニーなども含めた防水性が低下してしまいます。
長期間にわたって修繕工事を実施していないマンションは老朽化して住むにくくなるだけでなく、外観の上でも大きなマイナスです。マンションの資産価値は立地で決まるとも言われていますが、どれだけ立地条件が良いマンションでも老朽化が激しければ価格の大幅下落が避けられません。そんなマンションの資産価値を守るためにも専門業者へ依頼し、定期的に修繕工事を実施することが大切です。

TOP