マンション

マンション工事は専門業者に直接依頼する責任施工方式がオススメ

はがれた壁

マンション工事には建築会社に直接工事を依頼する「責任施工方式」とコンサルタントを通じて修繕を実施する「設計施工方式」の2つの方法があります。どちらの方法も適切なマンション修繕工事を実施できますが、費用を抑えて工事を実施したいのであれば直接専門業者へ依頼する責任施工方式を選択してください。
責任施工方式ではコンサルタントの仲介が必要ない分、費用が安くおさえられます。管理組合の責任は重くなりますが、専門業者側も事情をきちんと理解していますから大きな問題にはなりません。わからないことは質問すれば丁寧に答えてもらえますし、工事の希望を伝えれば希望に沿ったプランを提案してくれるので工事の専門知識がなくても問題なく修繕工事を実施できます。
責任施工方式では工事プランを細かく指定できるので思い描く修繕工事を実現できます。必要なところは重点的に、そうでないところは無駄を省いで修繕工事を実施することで適切なメンテナンスをしつつコストを抑えられます。
コンサルタントに丸投げできないので負担は増えてしまいますが、マンション修繕工事全体の透明度が上がるのは大きなメリットです。マンション住民全体が一丸となって修繕工事を実施する体勢が作れれば責任施工方式で満足の行く結果が実現します。

TOP